トップページ

    このサイトではレジェンドの買取相場が分かるおすすめの車買取業者を紹介しています。
    「レジェンドの買取相場を検索して高く買い取ってくれる専門店に売りたい。」と感じている場合はこのサイトで紹介しているオススメの車買取店を利用してみてください。

    ホンダのレジェンドを高く買い取ってもらうために大切なことは「複数の車買取会社で査定をしてもらう」ということ。1社のみとか家の近くのホンダディーラーで下取りを頼もうと思っている場合は間違いなく損をするのでやめておきましょう。

    中古車一括査定サイトならサクッと入力完了するので時間がかかりません。複数の車買取業者からの査定額を比較することができるので、レジェンド(LEGEND)の買取価格の相場を調べる手間が省けます。
    カーセンサー

     カーセンサーは、有名企業のリクルートが運営する中古車の相場が比較できる無料の一括査定サービス。中古車といえばカーセンサーと想像してしまうくらい人気のサービスなので利用するのも安心です。
    買取業者の数も1000社超なので圧倒的ナンバー1!最大50社へレジェンドの買取査定の依頼をしてもらえます。

    中古車の一括査定サイトは使うと複数の買取業者から電話がかかってくることが多いのですが、カーセンサーの場合は連絡方法をメールのみにすれば電話がないのでおすすめです。
    もちろん、全国対応で使うのはタダ。

    「出来ることならレジェンドを高く売却したいから買取相場を調べたいけど、営業電話は受けたくない…」と言う場合ならメールで査定額を教えてくれるカーセンサーが一番おすすめ。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、ネット上ですぐにあなたが乗っているレジェンドの買取相場が分かる上に、個人情報が送信されない為、電話連絡はユーカーパックからの電話1本のみという車買取業界では新しいサイト。

    最大2000社の車買取業者がオークションで入札価格を提示するので、数年落ちのレジェンドでも高く買い取ってくれる業者がすぐに見つかります。

    一般的な車査定一括サービスであれば、利用してすぐに多くの会社から見積もりの営業電話があるのが共通の流れだったのですが、ユーカーパックを使えば電話連絡は1社からのみ!電話の嵐に対応する必要もありませんし、しつこい営業を受けることもありません。
    レジェンドの実車査定もガソリンスタンドもしくは自宅で1回のみ。

    査定も電話連絡も1度のみで買取業者の約2000社が入札形式で買取価格を提示してくれるという徹底的にユーザー向けのサービスです。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、全国利用者数ナンバー1の車査定一括サービスです。たったの45秒で入力が終わりますし、入力が終わったらすぐに中古車相場が提示されるので、「自分が今乗っているレジェンドの買取相場っていくらなの?」ということであれば利用をおすすめします。

    申し込み後は複数の買取店から電話連絡が入りますが、JADRIの審査を通過した厳選された業者だけが登録しているので、しつこい営業を受けることはありません。
    買取業者から電話がかかってきたら1社のみで売却を決めずに、いくつかの買取業者に査定の依頼をすることで数年落ちのレジェンドでも高く売ることができます。

    最大で10もの会社がホンダレジェンドの買取査定をしてくれるため、納得できる価格を提示してくれた車買取業者に売りましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、たった45秒を使って入力すれば中古車の買取相場を表示してくれる数少ない一括査定サイトの一つ。
    提携企業は約200社以上、最大10社が愛用のレジェンドを査定します。

    1社だけでなく複数の業者に査定してもらうことで査定額や業者の対応の違いを比較することが可能になるので、複数の買取業者に依頼をして長年愛用したレジェンドをちょっとでも高く買い取ってもらいましょう。

    累計の利用者数が100万人以上!と実績も十分ですし、カスタマーサポートもありますので安心して査定依頼をすることができます。






    楽天オート

     楽天オートは、そのサービス名でわかるように大手企業の楽天が運営している車買取一括査定サービス。
    レジェンドの買取査定申し込みをするだけで楽天5ポイント、ご成約(売却)でさらに1500ポイントがプレゼントされるので日常的に楽天を使うユーザーであればおすすめのサイトです。

    長年愛用したレジェンドを高く売って、その上楽天ポイントまでもらえるのはありがたいですよね。
    提携企業は約100社なので他の買取業者と比較すると少ないですが、最大10業者がホンダ・レジェンドの査定してくれます。

    楽天オートの公式サイトにはディーラー下取りと一括査定の価格差の事例が紹介されていますので、一度チェックしてみてください。







    売却希望の車を見積もりする場合には、カーナビやオーディオなどのオプション品が付いていると基本的にはプラスの査定になることでしょう。

    しかし、最新モデルの車にはカーナビシステム非搭載の方がめずらしいので、新型のカーナビシステムを搭載していない場合にはグッと高く見積もってもらえるケースはないといって良いでしょう。

    また、カーナビが付いているのが当然の時代ですから、カーナビシステム非搭載の時には査定金額からマイナスされるケースもあるのです。

    できるだけ高く中古車を売却するには、一軒二軒の査定で満足せずにたくさんの買取業者から査定金額を提示してもらうことです。

    他の店舗が表示した見積もりの金額を言うことで査定金額が変化することがたくさんあります。

    沢山の店舗にいっぺんに見積もりを依頼するには一括査定サイトの利用が便利で良いのですが、このときに妙に高く見積もってくるところは車だけ取られてお金が振り込まれない詐欺にあうかもしれないので気をつけましょう。

    中古車一括査定サイトなどを利用して知ることが可能な金額は、どうしても簡易的な方法で見積もった金額です。

    同じ年式の同じ車種だったとしても、個々の車によって状態は同じではありませんから、詳細な見積額というのはその車を目前でチェックしなければ算出できないのです。

    このようなわけで、ウェブ上で示された相場と同じ金額が絶対に実際の買取現場で提示されるのではありませんから、前もって知っておくと良いでしょう。

    期末であり年度末決算も抱えた3月と、夏のボーナスのあとで暑さが落ち着いてきた9月は自動車の販売は好調です。

    業者の意図としてはこの時機を逃さずもっと売りたいと思うものです。

    在庫が品薄になるので、買取額が多少高かろうと構わないという姿勢になるのがこの頃です。

    売る時期を特に決めていないのであれば、このチャンスを逃す手はありません。

    一方で4月は、ボーナスとは別に取引量の多い3月の直後にあたるため、査定は最も低くなる頃なので売却はお薦めできません。

    個人が中古車の査定を業者に依頼する時は所有者側で何か書類などを整える必要はまだありません。

    ただし、売却する業者が決まって契約となると、複数の書類が必要になります。

    役所の窓口でなければ印鑑証明書はとれませんし、苗字が結婚などの理由で変わっている時や、現在の住民票の住所とその他の書類の住所が異なる際は、通常よりも提出書類が増えますから、先に担当者に確認しておくと良いでしょう。

    売却の意思が堅いのでしたらあらかじめ書類を揃えておくと、売却手続きに要する時間を減らすことができます。

    車を売りたいので価値が知りたいという人は多いでしょう。

    その際、プロの査定を受けるやり方は中古車屋に知人でもいない限り、次に上げる二つしかありません。

    ひとつはカーディーラーで車を買い、同時に下取りとして査定してもらうことです。

    車を購入するのと同時に行うので手間がかからない上、普段から車を使う人にとっては足がない期間の心配が要らないので良いのですが、競争原理が働かないため中古車買取り業者と比較すると低い買取り価格になるようです。

    あと一つは中古車一括査定サイトを使い、業界各社から見積りをもらうことです。

    一度に複数の業者が査定に参加するため、結果的に下取りに出すのに比べて査定額は高くなりやすいです。

    中古車買取店に車を査定してもらいたい場合は、車で買取店舗に直接行くか、でなければ訪問査定の約束をとりつけて家で待つという方法もあります。

    家に他人が来るのは構わないという状況なら、業者に出張査定してもらったほうが結果的に高値になりやすいという点で売主側にとってはベターと言えます。

    自分で業者に持ち込むと1店ずつしか回れませんが、出張査定なら一度にたくさんの業者に査定に来てもらえますから、同業他社と査定額を争うことになり、高値売却が見込めるのです。

    車のローンを完済する前でも場合によっては車を売ることもできます。

    もっとも、車検証の所有者が売主であるときだけですから、実際には難しいかもしれません。

    車検証を確認して、まだ名義がローン会社になっている時は、すべての債務の返済が済むまでのあいだは当面、所有者はそこに記載されている会社ということになります。

    つまり、債務がなくなって名義を書き換えてからでないと売れません。

    ただ、ローン会社の許可さえあれば、業者の提示した買取額をもって返済にあてるということも可能です。

    年間走行距離数1万キロメートルというのが、自動車業界が標準的だと考えている基準値です。

    但し、この数値はあくまで目安ですから、型式が古い自動車の場合には大抵の場合年間走行距離数はもうちょっと短いのが通常の考え方です。

    車を買い取りに出す場合にはできるだけ走行距離数が短い方が加点対象になります。

    しかしながら、機械というものはずっと動かさないでいると却って不調になることが多いのです。

    走行距離数が年式に対してあまりにも不釣り合いだと、査定時にアップされる金額は少なくなってくるのです。