トップページ

    このサイトではレジェンドの買取相場が分かるおすすめの車買取業者を紹介しています。
    「レジェンドの買取相場を検索して高く買い取ってくれる専門店に売りたい。」と感じている場合はこのサイトで紹介しているオススメの車買取店を利用してみてください。

    ホンダのレジェンドを高く買い取ってもらうために大切なことは「複数の車買取会社で査定をしてもらう」ということ。1社のみとか家の近くのホンダディーラーで下取りを頼もうと思っている場合は間違いなく損をするのでやめておきましょう。

    中古車一括査定サイトならサクッと入力完了するので時間がかかりません。複数の車買取業者からの査定額を比較することができるので、レジェンド(LEGEND)の買取価格の相場を調べる手間が省けます。
    カーセンサー

     カーセンサーは、有名企業のリクルートが運営する中古車の相場が比較できる無料の一括査定サービス。中古車といえばカーセンサーと想像してしまうくらい人気のサービスなので利用するのも安心です。
    買取業者の数も1000社超なので圧倒的ナンバー1!最大50社へレジェンドの買取査定の依頼をしてもらえます。

    中古車の一括査定サイトは使うと複数の買取業者から電話がかかってくることが多いのですが、カーセンサーの場合は連絡方法をメールのみにすれば電話がないのでおすすめです。
    もちろん、全国対応で使うのはタダ。

    「出来ることならレジェンドを高く売却したいから買取相場を調べたいけど、営業電話は受けたくない…」と言う場合ならメールで査定額を教えてくれるカーセンサーが一番おすすめ。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、ネット上ですぐにあなたが乗っているレジェンドの買取相場が分かる上に、個人情報が送信されない為、電話連絡はユーカーパックからの電話1本のみという車買取業界では新しいサイト。

    最大2000社の車買取業者がオークションで入札価格を提示するので、数年落ちのレジェンドでも高く買い取ってくれる業者がすぐに見つかります。

    一般的な車査定一括サービスであれば、利用してすぐに多くの会社から見積もりの営業電話があるのが共通の流れだったのですが、ユーカーパックを使えば電話連絡は1社からのみ!電話の嵐に対応する必要もありませんし、しつこい営業を受けることもありません。
    レジェンドの実車査定もガソリンスタンドもしくは自宅で1回のみ。

    査定も電話連絡も1度のみで買取業者の約2000社が入札形式で買取価格を提示してくれるという徹底的にユーザー向けのサービスです。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、全国利用者数ナンバー1の車査定一括サービスです。たったの45秒で入力が終わりますし、入力が終わったらすぐに中古車相場が提示されるので、「自分が今乗っているレジェンドの買取相場っていくらなの?」ということであれば利用をおすすめします。

    申し込み後は複数の買取店から電話連絡が入りますが、JADRIの審査を通過した厳選された業者だけが登録しているので、しつこい営業を受けることはありません。
    買取業者から電話がかかってきたら1社のみで売却を決めずに、いくつかの買取業者に査定の依頼をすることで数年落ちのレジェンドでも高く売ることができます。

    最大で10もの会社がホンダレジェンドの買取査定をしてくれるため、納得できる価格を提示してくれた車買取業者に売りましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、たった45秒を使って入力すれば中古車の買取相場を表示してくれる数少ない一括査定サイトの一つ。
    提携企業は約200社以上、最大10社が愛用のレジェンドを査定します。

    1社だけでなく複数の業者に査定してもらうことで査定額や業者の対応の違いを比較することが可能になるので、複数の買取業者に依頼をして長年愛用したレジェンドをちょっとでも高く買い取ってもらいましょう。

    累計の利用者数が100万人以上!と実績も十分ですし、カスタマーサポートもありますので安心して査定依頼をすることができます。






    楽天オート

     楽天オートは、そのサービス名でわかるように大手企業の楽天が運営している車買取一括査定サービス。
    レジェンドの買取査定申し込みをするだけで楽天5ポイント、ご成約(売却)でさらに1500ポイントがプレゼントされるので日常的に楽天を使うユーザーであればおすすめのサイトです。

    長年愛用したレジェンドを高く売って、その上楽天ポイントまでもらえるのはありがたいですよね。
    提携企業は約100社なので他の買取業者と比較すると少ないですが、最大10業者がホンダ・レジェンドの査定してくれます。

    楽天オートの公式サイトにはディーラー下取りと一括査定の価格差の事例が紹介されていますので、一度チェックしてみてください。







    中古車に限らず、インターネットでは下取りに出したい車の査定金額を同時に何社にもまとめて査定してもらえる、一括査定サイトがたくさんあるのです。

    見積もりをしてもらったら売るべきであると決まっているわけではありません。

    そのうえ、いろいろな店に自分で出向かなくても良くなるのです。

    しかしながら、査定してもらったお店の中には車を自分のところで売却しないかとしつこく電話される事もありますから、携帯などに電話がかかってくるのが嫌な場合には、業者との連絡はメールで大丈夫な一括サイトを選択すると面倒はないでしょう。

    ボディにキズやへこみがある場合には低い査定金額を提示されることがほとんどです。

    しかし、マイナス査定を避けようと前もって個人でへこみやキズを直すことは勧められません。

    事前に自分で修理しても、修理費用以上に査定額が上昇する場合はあまりないからです。

    個人修理しようとするよりも、買い取った後に買取業者が提携の修理業者に依頼した方がコストを抑えることができてしまうからです。

    車を売ろうと思って買取業者に持って行くと、ゼロ円査定になってしまうこともあるでしょう。

    一般的に、過走行(走行距離10万キロメートル越え)の車だったり、事故の状態が大きくて修理の後も大きい場合などは買い取り金額がつかない可能性が出てくるのです。

    幾つかの中古車販売店で査定をお願いしても同じように買取額はつかないと言われたときにも、一般的な買い取りではなくて廃車専門の買取業者へ引き取りを依頼する事もできますから、一概に売却を諦めてしまうこともないと言えます。

    車を買い取ってほしいからと買取店に自分で持ち込んで査定してもらうつもりなら、曜日や時間帯によっては短時間には終わらないかもしれませんが飛び込みOKというところが多いです。

    そのかわり持ち込み査定という性質上、比較対象となる他社見積りもなければ、提示された価格を「安い」「高い」と判定する基準もありません。

    結果的に市場価値より安値で売買契約を結んでしまう危険性もあります。

    複数の会社に訪問査定を依頼した方が愛車を高く売ることができるのは間違いありません。

    完済前でローンが残っている車を売るなら、まずは売却前に完済を求められるでしょう。

    それは返済が終わっていない車というのはローン会社の所有物であり、ローン会社の名義で登録されていることが多いのです。

    残っていたローンを車を売却する以前にすべて払えるのであれば何の支障もありませんが、できないのであれば例えば買取額から残債を清算するという方法もあります。

    しかしこれにはローン会社の許可が不可欠で、いくつかの手続きを踏まなければいけません。

    いつにもまして念入りに車内の掃除をしたり、業者が来る前に洗車を済ませて外観をきれいにしても、査定価格に及ぼす影響はないと考えて良いでしょう。

    素人による清掃は業者だってできてしまうわけですから、当然です。

    ただ、直接的ではないものの、良いこともあるのです。

    査定時に車がきれいだと、車が好きで丁寧に乗っていたと思うのが普通です。

    査定は減点採点で行われるのが普通ですが、それを入力するのは営業マンですし、誠意を見せれば結果はプラスとして戻ってくる可能性があります。

    場合によるのですが、車を売却したお金に税金がかかってくる場合があるのです。

    一個人が持っている車であり、完璧に通勤用となっていれば所得税の対象からは外れます。

    レジャーなどに行くときにも利用していた車であれば、課税対象になって所得税を支払うかもしれなくなります。

    その詳細は、売却金額が購入金額よりも50万円以上高くなったときに所得税を支払わなければいけません。

    仕事でも使っている車体を売却するときには、また別途違う決まりがあるので、良く分からないところがあったら確定申告をする際に税務署のスタッフに聞いてみてください。

    何ヶ月間程度残っているかによっても違いますが、車検は自動車査定の金額に影響を与えます。

    車検切れの自動車よりも、もちろん長期間の車検が残っている方が有利になります。

    でも、車検の残り期間が一年もないようだとほぼ査定額に影響を与えません。

    車検切れが間近だと見積もりが下がるからと言って、車検を通してから車の売却を考えるのはあまり適切ではありません。

    車検にかかる費用と査定価格に上乗せされる価格とでは、車検費用の方が高く付く場合がほとんどなので損するのが目に見えているのです。

    自分以外、たとえば家族や親類名義の車であろうと、買取業者などに売却することは可能です。

    売買契約時に通常の書類一式に追加する形で、書類上の所有者の方の印鑑証明と、実印を押した委任状に、それから譲渡証明書も必ず必要ですが、押印漏れのないように気をつけてください。

    但し、亡くなった方が所有者となっている場合は、こうした書類を揃えることは不可能ですから、車の所有権の移転登録を行い、新しい名義人の所有物になってから売却します。

    その場合は書類も増えますし、売るのは簡単なことではありません。